フットサルとは

フットサルとは

フットサルの由来はサッカーを表す「futbal(スペイン語)」「futbol(ポルトガル語)」と室内を表す「sala(スペイン語)」「salao(ポルトガル語)」から作られた造語で、ヨーロッパや南米の各国で行われていたミニサッカーのルールと競技名称を、1994年秋にFIFA(国際サッカー連盟)が統一した呼称である。 日本では1996年にJFA(日本サッカー協会)によってフットサル登録制度が開始された。フットサル登録制度は、JFA、地域/都道府県サッカー協会及び本協会に加盟する各種連盟が主催する全てのフットサル大会へ出場するプレーヤーに対して行われている個人登録制度である。 主な活動拠点は体育館である。

フットサルの歴史

<日本国内の主な歴史>
1977年11月 日本ミニサッカー連盟設立(JFA下部組織として)
1979年1月 第1回全国小学校ミニサッカー大会開催
1985年 第1回全日本ミニサッカー選手権大会開催
1994年6月 JFA内にフットサル委員会設置
1995年 47都道府県にフットサル担当者を設置
2003年 フットサル新登録制度スタート
2007年 Fリーグスタート
<海外の主な歴史>
1982年 第1回世界サロンフットボール選手権大会・・・連盟選抜
1985年 第2回世界サロンフットボール選手権大会・・・連盟選抜
1988年 第3回世界サロンフットボール選手権大会・・・連盟選抜
1994年 FIFAフットサル国際大会・・・日本選抜
1999年 第1回AFCアジアフットサル選手権大会
2003年 第5回AFCアジアフットサル選手権大会・・・日本選抜準優勝
2004年11月 第5回FIFAフットサル世界選手権・・・日本代表

フットサルと11人サッカーとの主な違い

フットサル サッカー
ボール 4号球ローバウンドボール 5号球(U-13以上)
ピッチサイズ 20m×40m 68m×105m
ゴールサイズ 2m×3m 2.44m×7.32m
競技者数 5人 11人
交代
  • 自由
  • 交代要員は7人まで
  • アウトオブプレーの時、審判の承認を得て
  • 交代は3人まで
プレー再開
  • キックイン
  • ボールがタッチラインを超えた時
  • ゴールクリアランス(ゴールキーパースロー)
  • 攻撃側がボールをゴールラインから出した時
  • スローイン
  • ボールがタッチラインを超えた時
  • ゴールキック
  • 攻撃側がボールをゴールラインから出した時
レフェリー 主審+第2審判(ほぼ同じ権限) 主審+副審2名(アシスタントレフェリー)
タイムキーパー タイムキーパーが計測(プレーイングタイム) 主審が計測(ランニングタイム)
競技時間 20分ハーフ(プレーイングタイム) 45分ハーフ(ランニングタイム)
タイムアウト 各チーム前後半各1回1分 なし
タイムアウト
  • 各チーム前後半各1回1分
  • (延長戦ではタイムアウトは取れない)
なし
オフサイド なし あり
ファール
  • ショルダーチャージ禁止
  • スライディングタックル禁止
  • 6つ目の反則からは第2ペナルティーマークからのフリーキック
  • バックからのボディーコンタクト禁止
  • 反則地点からフリーキック
退場 2分後に補充 補充できない
4秒ルール あり なし

フットサルピッチ

フットサルピッチ

▲ このページのTOPへ戻る